ゲームハードとゲームジャンルのまとめ

PS4やNintendoSwitchなどのゲームハードとゲームソフトをジャンルごとにまとめた5chまとめサイトです。

Amazonゲームカテゴリランキング

    スポンサーリンク

    デスストランディング

    とりあえず小島は助かったな

    【【朗報】デスストランディング同梱版PS4proが399.99ドル、スケルトンイエローのコントローラー付】の続きを読む

    https://www.jp.playstation.com/blog/detail/8965/20190918-cesaawards.html
     ──コジマプロダクションでは、どのような雰囲気で本作を開発しているのでしょうか?

    普通、AAAタイトルの開発は何百人という規模で行ないますが、コジマプロダクションは
    少数精鋭の80人くらいでやっているので、本当に厳しいときは殺伐とした雰囲気になることもあります(笑)。
    ただし、今回は「フューチャー部門」受賞もそうですけど、皆さんから期待されているのを感じています。
    コジマプロダクションの次のタイトルに対するプレッシャーもある中で、和気あいあいとやっています。

    【【驚愕】デスストランディング、たった80人で作られていた 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/09/17(火) 21:37:11.55 ID:CbTJGn5Q0

    ーーあなたはTGSのステージで、巨大なボスとの戦闘を長時間見せました。
    そこでは何が起こったのですか?
    それは津波で地域全体が浸水しているかのように見えました。

    小島:
    「ゲームの世界は常に変化しています。
    『ゲイザー』という敵が常に主人公を探しており、
    発見されると『キャッチャー』が主人公を捕まえようと襲ってきます。
    あの水は津波ではなく、上昇して世界を変えてしまうタールです。
    敵を倒すとタールは消えて、世界は元に戻ります。
    プレゼンテーションでは『キャッチャー』を倒しましたが、
    倒せずに食われると『ボイドアウト』して周囲がクレーターになってしまいます。
    それにより攻略方法も変わってしまいます。」

    ーー他のプレイヤーが敗北して出来たクレーターは、自分のゲームにも反映されますか?

    小島:
    「最初はそうするつもりでしたが、
    人々の失敗が直接影響を与え合うのは良くないと考えてやめました。
    それは少しネガティブなので。
    クレーターは自分の世界にだけ残ります。
    ボイドアウトが起きると所持品は世界各地に座礁し、
    旅の中でそれを見つけると誰かが爆発したのを知ることが出来ます。」

    ーーもっと直接的に他人を助ける事は出来ますか?

    小島:
    「『いいね』を押して評価したり、
    何かを作成してオンライン世界に貢献することはゲームの攻略方法に大きく影響します。
    プレイヤーによって異なります。
    他のプレイヤーと間接的なやり取りを繰り返す程に、助けて貰えることが多くなります。
    ミッションのリザルトではどれだけのプレイヤーと繋がったかを正確に知ることが出来ます。」

    ーーあなたは以前、サムは普通の人間だと言っていましたが、彼には特殊な能力が有るように見えました。

    小島:
    「彼は普通の人間ですが、他の世界と行き来することが出来る特別な能力が有ります。
    それにより彼は壊れた繋がりを修復することが出来ます。
    ゲームを進めればその理由が分かります。
    彼は死ぬことが出来ない非常に特別な体質の人間です。
    彼が死ぬと世界の狭間にある『ビーチ』に辿り着きます。」

    ーーそれが最初のPVの舞台ですね?

    小島:
    「ええ、あれが『ビーチ』です。死ぬ度にあの場所に辿り着きます。
    そこであなたは自分の身体を見つけて元の世界に帰らなければいけません。
    そのように、彼は少し特別ですが、スーパーマンではありません。」

    【【朗報】記者「小島監督、ダークソウルとデスストってどう違うんですか?」 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/08/20(火) 05:31:12.61 ID:b56gjM2L0



    【【朗報】デスストランディングのゲームプレイ映像、くっそ面白そう 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/08/01(木) 20:52:42.95 ID:5oSByoIz0



    【【悲報】メタギアの小島監督が「繋がり」を強調するデスストランディング、1人用ゲームだった】の続きを読む

    このページのトップヘ